安全運転今好転

安全運転今好転

車の値引きは元々が高額なものであるため非常に重要だと思います。なにも知らずに言われるままに買うのと、値引きを上手にするのでは場合によっては50万円以上の差が出ることもあります。
まず、値引きの基本は競合させることです。希望の車の対抗車種は何かを下調べしておくことです。そして、セールスマンにその車とどちらにするか悩んでいると伝えることです。この時点で自然にメーカー同士のプライドの戦いにもなり何としてでも客を渡すまいとある程度値引いてきます。なので、出来れば先に対抗車種のほうの見積もりをだしてもらったほうが、交渉の武器になると思います。そして見積もりを出してもらうときは、車両本体価格とオプション価格と下取りを全て別々にだしてもらうことです。全部まとめられてしまうと、よくわからなくなって、上手く丸め込まれる感じになってしまいます。最初はオプション無しで交渉するのがいいかもしれません。それから、オプションをつけて、それぞれからの値引きを狙うのがよいです。
下取り車両がある場合は査定も大事です。できるだけ洗車などきれいにしておいた方が印象もいいし、査定も多少アップするかもしれません。汚れた車よりきれいな車の方が大事に使われていることは明らかにわかりますから。また付属品(タイヤなど)があればそれもプラスになることがあるので伝えます。しかし、査定が0の車の場合はパーツや付属品はパーツショップなどに売った方がいいかもしれません。
見積が出たらそこから交渉開始です。対抗車種はこれくらいだったけど、こっちはどれくらいになる?といった感じです。このとき大事なことは、「セールスマンも人である」ということです。売って終わりではなく、定期点検や車検など長く付き合ってもらいたい、という気持ちがセールスマンにはあります。なので、横柄な態度ではなく、親しみを込めた交渉が大事です。いかにこの車を欲しいのかという気持ちを伝えるとセールスマンも何とか買ってもらいたいと値引きを頑張ってくれます。
あまり金額だけの無理を言わずに、オプションにこれをつけるからとか、これを利用するからとかお互いの妥協点を見つけていくようにするとスムーズに進みます。自分がセールスマンになったつもりで、お互いが気持ちよく売買できるような交渉を心掛けるのが理想だと思います。